【小学3年生向け】親が本の感想をインタビューして、読書感想文を書く方法【インタビュー式読書感想文】【手順&サンプル付き】
5d483add66d86c59b7d89abf

【小学3年生向け】親が本の感想をインタビューして、読書感想文を書く方法【インタビュー式読書感想文】【手順&サンプル付き】

¥0

※こちらはダウンロード商品です

papaikuji_no13.pdf

581KB

小学校の宿題の強敵は、読書感想文と自由研究です。 僕の長女もこの2つは苦手意識が高くて、毎年苦戦しています。読書はかなり大好きで暇があれば本を読んでるような長女ですが、自己主張が苦手なところもあり、読書感想文は苦手なようです。 そこで、僕が考えたのが、読書感想文をフォーマット化してしまう方法です。読書感想文のフォーマット化は、ネットで調べると普通に出て来ます。 テンプレートまでご丁寧に準備されてるくらいですから、知っている人も多いのではないでしょうか? 長女も去年の夏休みは、テンプレートを使って読書感想文を書きました。 親としても、穴埋め形式のテンプレートだったら、やり易いだろうから、これ使えば余裕かなと思っていたのですが、大きな落とし穴がありました。 落とし穴というのは、テンプレートの穴埋めでは文字数が少なくて、大幅に追加する必要があったことです。 そうなんです、テンプレートをベースに考えると、文章が定型化されるので作るのは簡単になるのですが、テンプレート化しているので自由な表現が出来ません。 そのため、文字数が大幅に足りなかったとしても、書き足すのが非常に難しいのです。 既存のテンプレートは文字数が足りない 既存のテンプレートを使っても、文字数が足りなくて感想文が作れないのでは、テンプレートを使って考えることが思考の幅を狭くしてると考えます。 そこで、本のあらすじや感想をインタビューして、その内容をまとめて感想文にするのはどうだろう? そう考えました。